Home > 東方虚空想 > 東方2011-01-13〜2011-01-30(文花帖クリア編)

東方2011-01-13〜2011-01-30(文花帖クリア編)

2011-01-13

文花帖Level 8

Scene 7 八雲藍 超人「飛翔役小角」(リプレイ

撮影枚数4桁いった。むずかった。ここまでで最難関。

画面上部のどこかから小弾を纏った藍が自機狙いで降ってくる。1〜6枚目までは、端から精密移動で方向キーを横に押しっぱなしにし、端で切り返し撮影をするだけ(小弾を避けるために瞬間的に低速か高速を使う場合はある)。しかし、7枚目と8枚目は精密移動だけでは避けきれないくらい速くなる。そのため低速移動を使うのだが、それだと端から端まで移動する間にフィルムが巻ききれない。正確に言うと、藍が自機の真上から降ってくる場合は精密移動で避けられるが、斜め上からの場合は避けきれない。よって、7枚目と8枚目は、自機周辺の小弾を見つつ、画面上の藍が降ってくる位置を監視しながらフィルムを巻く必要がある。振り具合によってはフィルム巻ききる前に端に到達してしまい…。

2011-01-14

文花帖Level 9

Scene 1 八意永琳 通常攻撃(リプレイ
何度か時間切れになった。最大望遠が届く距離よりちょい下で大きな弾幕の隙間が出来るのを待ち、チャンスが来たら突っ込んで撮影。来なければ弾消し撮影で仕切り直す。隙間が小さすぎると、望遠してる間に被弾する。弾避け自体はそう難しくはない。密度が上がると無理だけど、弾消し撮影で休めば問題ない。
Scene 2 蓬莱山輝夜 新難題「月のイルメナイト」(リプレイ
画面右上と左上を往復しながら撮影するだけだが、言うは易し。自機狙い粒弾を精密移動で引きつけ、高速移動で空間を稼ぎ、また精密でフィルムを巻く。逆サイドに移動完了するまでにフィルムが巻き終わっていなければアウトなので、なるべく下で時間を稼がなければならない。でも勢いでどうにかなる。
Scene 3 八意永琳 薬符「胡蝶夢丸ナイトメア」
11月にクリア済みなので、全く覚えてない。
Scene 4 蓬莱山輝夜 新難題「エイジャの赤石」(リプレイ
赤いレーザーの群れの中で、自機狙い高速レーザー(大弾つき)を避ける。ここまで文花帖ができていれば、そんなに難しくはないと思う。
Scene 5 八意永琳 練丹「水銀の海」(リプレイ
たぶん完全パターン。1枚目から順に動きを決めていけば自然にクリアできる。
Scene 6 蓬莱山輝夜 新難題「金閣寺の一枚天井」
「飛翔役小角」に続いて難関。1〜3枚目はいいが、4枚目が撮れない…。

2011-01-15

文花帖Level 9

2011-01-14

Scene 6 蓬莱山輝夜 新難題「金閣寺の一枚天井」(リプレイ
ぎりぎり4桁いく前にクリアできた。小弾の流れを腕として見て、1本ずつ避ければいい。言うは易し。
Scene 7 八意永琳 秘薬「仙香玉兎」(リプレイ
画面端でバウンドする大弾を避けたり消したりしながら、レーザーの隙間を移動して撮影する。金閣寺の次だと簡単に思える。
Scene 8 蓬莱山輝夜 新難題「ミステリウム」(リプレイ
敵弾の到達よりフィルム巻き速度の方が速いので、敵弾に合わせて下がる→弾消ししてちょい上へ、の繰り返しで輝夜を撮影したら、下がって同じことをするだけ。だけといっても400枚以上かかったが、早いうちから勝ち筋が見えていたので厳しくはなかった。

2011-01-16

文花帖Level 10

Scene 1 小野塚小町 通常攻撃(リプレイ
1〜3枚目は自機方向への薙ぎ払い銭×4の繰り返し。1発目を撮影したら、2〜4発目は回って避けて高速巻きし、次の1発目を撮る。4〜6枚目は普通の自機狙いなので、画面下部でちょん避けして次の射出を撮影。7〜8枚目はバラマキなので強引にいく。と、1言ずつで済むので難しくはない。弾が速いから最初は厳しいけど、分かってくれば簡単。
Scene 2 四季映姫・ヤマザナドゥ 虚言「タン・オブ・ウルフ」(リプレイ
全方位自機狙いぽいけど少しブレる小弾(?)と、それが出切ると赤い自機狙い小弾列(舌?)。枚数が進むごとに弾数は増える。4枚目までは普通に気合い避けでOK。5枚目と6枚目は、避けやすそうな弾幕が降ってくるまで弾消しで粘る。
Scene 3 小野塚小町 死歌「八重霧の渡し」
反時計回りに回りながら撮る、でいいと思うんだけど、これがなかなか。今日はここでギブアップ。

文花帖Level Ex

端からやってみるものの、どれも撮れる気がしない。その中ではScene 7 が簡単そうに見えたが…。

Scene 7 伊吹萃香 鬼気「濛々迷霧」

撮影無効状態(霧?)で自機を追いかけまわしながら米弾の軌跡を残していき、たまーに実体化(?)して自機狙いの全方位大弾を数発放つ、の繰り返し。残り210秒から始まって、最初の実体化は175秒過ぎ。以降はたぶん20秒おき。

開幕から画面上部で8の字を横にしたような感じで動き、交点で移動先の弾消しの繰り返しで175秒まで粘って1枚目。2枚目はちょい下がって同様に155秒まで粘る。3枚目が…ギリギリ撮れない。大きく避けすぎているはず。何度かやってればそのうち成功しそう。

萃香を中央に置いて高速で周囲を回る方法も試したが、2枚目が取れないので断念。

2011-01-17

文花帖Level Ex

Scene 7 伊吹萃香 鬼気「濛々迷霧」(リプレイ

とれたーーー。後日、撮影枚数をメモする前に2回目やっちゃったので、たぶん700〜800枚。2回撮るのに1138枚。

文花帖Level 10

Scene 3 小野塚小町 死歌「八重霧の渡し」(リプレイ
撮影枚数は2桁だけど、単に1〜2枚でやられまくったからであって、苦戦しなかったわけではない…。方向キーを押す指が痛くなった。

2011-01-18

文花帖Level 10

Scene 4 四季映姫 審判「十王裁判」
ぐぬう

2011-01-19

文花帖Level 10

Scene 4 四季映姫 審判「十王裁判」
ぬおお

文花帖Level Ex

Scene 7 伊吹萃香 鬼気「濛々迷霧」(リプレイその2
あんまり十王裁判ができないから気分転換のつもりが、300枚以上かかってしまった…(3枚でクリアなので最低150回挑戦)。

2011-01-20

お休み。

2011-01-21

文花帖Level 10

Scene 4 四季映姫 審判「十王裁判」(リプレイ

やっと撮影成功。枚数は463枚と大したことないが、単に少ない枚数で失敗しまくったから…。

とにかく、1〜4枚目までは手順を作り忠実に守る。5枚目でルールが変わるが、手順を作って守るのは同じ。6〜7枚目は1〜4枚目の高難易度版で、やっぱり同じ。8〜10枚目はアドリブでもいけそうな気がするが、なめない。

なんだけど、思ったとおりに動けりゃ苦労しねえっつーの!

1〜4枚目

1〜4枚目は自機狙いレーザー&米粒弾(紫線)と、その周囲が欠けた全方位楕円弾(赤線)。画像は1枚目直後。
文花帖10-4 1枚目直後1

赤線と紫線の間に入り、レーザーに追いかけられるようにして画面下を青線のようにU字状に動く。低速で等速で動けばだいたい当たらない。写真の場合は左下スタートで、画面右下あたりまで行くと弾幕が途切れる。
文花帖10-4 1枚目直後2

ちょい上に移動して次クールを待ち受け、同様に逆側へ。フィルムを巻ききっていれば、次クールの弾幕が発射されたタイミングで撮影。撮影するとそこでその攻撃は止まって仕切り直しになり、撮影枚数が増えるごとに、ちょっとずつ色々シビアになってくる。まずは決まったタイミングで避け、決まったタイミングで撮影すること。アドリブしない。

5枚目

4枚目の撮影直後、映姫の真下に急いで移動する。画像のような予告線が出た直後にレーザーが照射され、しかも追いかけてくるので超低速でちょいちょい横に避けながらフィルムを巻いて撮る。何度か轢かれて覚えればいい。
文花帖10-4 5枚目1
文花帖10-4 5枚目2

真下でないと、ちょいちょい横移動しても轢かれる場合が多くなる。なるべくレーザーと直交して避けないとなんだけど、ナナメ移動は難しいし、米弾もあるから真下がベスト。

6〜7枚目

1〜4枚目と同じ避け方をするため、5枚目の撮影後にすぐ右下or左下に移動。
文花帖10-4 6枚目1

が、今度は画像のように赤線と紫線の隙間がない。そのため、楕円弾の進行方向の1列目と2列目の隙間に入らなければならない。青丸が矢印の位置あたりに来たときに、スッと高速で。

スッと入った様子。
文花帖10-4 6枚目2

あとは1〜4枚目と同様に。違うのは、切り返しの時も、7枚目でもコレをやらなきゃいけないこと。コレができるようになるまでが十王裁判で一番時間がかかった。

8〜10枚目

こんな感じの弾幕が来るので、隙間をするりと抜けるの繰り返し。適当にやっても抜けられる。
文花帖10-4 8枚目1
文花帖10-4 8枚目2

今までに比べれば超簡単だが、10枚目は米弾列が長いので、入る位置を間違えると終わる。写真の場合、自機より左は入れない。自機位置と1列右は抜けられる。2列右は抜けられない。
文花帖10-4 10枚目1

Scene 5 小野塚小町 古雨「黄泉中有の旅の雨」(リプレイ
降ってくる米粒を気にしながら、左右に銭弾を避けたり切り返したりするだけ。
Scene 6 四季映姫 審判「ギルティ・オワ・ノットギルティ」(リプレイ

文花帖でも映姫は強い。しんどかった。917枚で4桁はいかなかったけど、1日で900枚はしんどい。ものすごく解説つけたいけど、コレ書いてるの2/17で、キリないからやめとく。

最初はこんなん。
文花帖10-6その1
最後はこんなん。
文花帖10-6その2
自機位置によって敵弾の動きをコントロールできるので(自機依存弾)、見た目ほど絶望的ではない。難しいけど。

赤が有罪、青が無罪だろうか。紫のレーザーでどちらかへの移動を強制される。

Scene 7 小野塚小町 死価「プライス・オブ・ライフ」(リプレイ
銭と小町の動くパターンを覚えれば楽勝。映姫に比べて小町は難易度低い。4つのScene合わせても600枚いかないし。

2011-01-22

お休み。

2011-01-23

文花帖Level 10

Scene 8 四季映姫 審判「浄頗梨審判 ‐射命丸文‐」(リプレイ
ゲーム的には最後のスペルカード。これも敵機と敵弾がどこでどう動いて飛んで来るかちょっとずつ覚えて、クリアする。とても文花帖っぽいが、難しくはない。しつこくやってれば誰でもクリアできると思う。

文花帖 Ex

  • Scene 1 フランドール 禁忌「フォービドゥンフルーツ」(リプレイ
  • Scene 2 フランドール 禁忌「禁じられた遊び」(リプレイ
  • Scene 3 八雲紫 境符「色と空の境界」(リプレイ
  • Scene 5 藤原妹紅 貴人「サンジェルマンの忠告」(リプレイ
  • Scene 6 藤原妹紅 蓬莱「瑞江浦嶋子と五色の瑞亀」(リプレイ

2桁〜いっても150枚でクリアしたくらいなので、特に言うことはない。

Scene 4 八雲紫 境符「波と粒の境界」
むずいので後回し。
Scene 8 伊吹萃香 「百万鬼夜行」
最後の最後だけあって、気合系の強敵。この日は諦めた。

残り2シーン。

2011-01-24

文花帖 Ex

Scene 8 伊吹萃香 「百万鬼夜行」(リプレイ
ひたすら気合と弾消しだなこれは…。試行回数と力押しだ。
Scene 4 八雲紫 境符「波と粒の境界」
3枚が限界。気合では無理。っつーか完全固定弾幕。つまり完全覚えゲー。

2011-01-25〜2011-01-28

お休み。

2011-01-29

波と粒の境界〜〜〜〜

2011-01-30

文花帖 Ex

Scene 4 八雲紫 境符「波と粒の境界」(リプレイ

ようやくクリア。ギルティ・オア・ノットギルティとコレはとっても解説つけたいが、書いてるのが2/17で以下略。5枚目までは完全に手順通りの動き。最後の6枚目だけ、覚えられる回数だけ到達できるとは思えなかったので気合い避け。

波と
文花帖ex-4その1
粒。
文花帖ex-4その2

これにて文花帖おしまい。
文花帖全クリ

長かったが、確実に東方力は上がっただろう。たとえるならば、詰将棋を集中的にやったようなもんだ。

もっと詳細に写真を載せて解説したいが、まだ能力が低いのでプレイ時間に回す。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20110218_4285/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
東方2011-01-13〜2011-01-30(文花帖クリア編) from キョカラソドットコムホームページ

Home > 東方虚空想 > 東方2011-01-13〜2011-01-30(文花帖クリア編)

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top